「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

バスク風チーズケーキにハマっています。
DSC08081

この時から、もう3回は作ったかな。

材料費が高いので、スーパーで唸りますが、
一口食べると「やっぱり美味しい~!!また作っちゃおう」ってなります。

参考にしたのはこちらのレシピです。

でも、もっとラクに作りたいと思い、今は下のレシピで落ち着きました。

材料:(わが家は17cm丸型1つ分)
クリームチーズ 200g
砂糖 70g
卵 2個
薄力粉 大さじ1
生クリーム 200ml
※水切りヨーグルトは、用意するのが面倒なので入れないことにしました。

作り方:
1. オーブンペーパーを型よりひとまわり大きめに切り、
水で濡らしながら思いっ切りグシャグシャにします。
ペーパーを柔らかくして、型にピッチリ沿わせて敷くのが、
丸くキレイに焼き上げるポイントです。

2. 耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、電子レンジ(600W)に60秒かけて柔らかくし、
泡立て器でなめらかにします。

3. オーブンを230℃に予熱します。
※先にオーブンを予熱すると、レンジでチンできなくなってしまうので、
わが家の場合は、このタイミングになります。

4. 2に砂糖を加えて混ぜます。

5. 卵を1つずつ加えて(事前に溶かなくてOK)、その都度よく混ぜます。

6. 薄力粉を茶こしでふるいながら加えて、なめらかになるまで混ぜます。

7. 生クリームを加えて混ぜます。
※生クリームのあとに薄力粉を加えるとダマができるので、順序を逆にしました。

8. 型に流す時、6で使った茶こしで濾しながら入れます。
※なめらかな生地にするための重要なポイントです!

9. オーブンの温度を220℃に下げて、35分焼きます。

10. オーブンから取り出して、粗熱を取り、型のまま一晩以上冷蔵庫で冷やします。
※焼きたてすぐはフルフルですが、冷やせばしっかりしたチーズケーキになります。


つまり、ほぼ混ぜるだけ。そして、混ぜ方に注意は不要です。
今度は、子どもたちと一緒に作ろうかな。
(材料費が高いけど…)

プリンターが壊れたので、
急遽、買い替えることに決定( ノД`)シクシク…

ぜひ、前回の記事からご覧ください。


まず、
プリンター本体は高いけどインクが安い「エコタンク方式」と、
本体は安いけどインクが高い「インクカートリッジ方式」を検討しました。

詳しくはこちらを見てくださいね。

インクカートリッジの交換回数が1年に1回以上、
もしくは、500枚以上印刷する場合は、エコタンク方式がオススメなようです。

わが家の場合、プリント枚数は不明。
インクカートリッジの交換回数は楽天の購入履歴によると1年に1回です。

でも、今までは年賀状を自宅で印刷していたので、
その数字は参考にならないかなぁ、と。

今年の年賀状から、業者さんにお願いすることにしたので、

本当にラクでした( ´艸`)

今後、ムスメが中学生になり、印刷(コピー)する機会は増えるかもと思いますが、
それでも、高い本体を買うほど印刷枚数は多くならないと結論付けました。
なので、インクカートリッジ方式を採用。

 * * * * *

さて、CanonかEPSONか。

カクカクしたデザイン、しかもプリンターに関しては黒が好みなので、
給紙トレイの出っ張りがなければ、Canonで即決していたのですが、
どうしても、どうしても、出っ張りが気になる!

CanonのPIXUS TS8330はこちら。
CANON PIXUS(ピクサス) TS8330BK(ブラック) インクジェット複合機 A4対応
あぁ、給紙トレイよ、なぜ出てしまったのか。

ちなみに、給紙トレイを空にすれば、
このように出っ張りを折りたたむ?ことも可能です。
キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS8330BK
でも、コピー用紙は入れっぱなしの方が断然ラクなので、
我が家の場合、この姿になることはないでしょう…

PIXUSは、ほぼすべての機種で給紙トレイが前に出ちゃっているのですが、
「出っ張りが気になる」というレビューが本当に多かったです。

 * * * * *

大きく気になるデメリットもないし、
EPSONのColorio EP-882にしようかなぁと決めかけた時、
印刷する際に、前面パネルがガバッと開いて前面から突き出ることに気付きました。
結局、EPSONのカラリオだって、前面に出っ張っちゃうわけかぁ…

あれ?Canonの給紙トレイがとび出していることなんて、
実は大したことないのかな?

ということで、
やっぱりカクカクが好きなので、CanonのPIXUS TS8330に決めました!

自宅に持ち帰ってみたらね。
DSC08061
黒い台の上に黒いプリンターを置くと、
給紙トレイの出っ張りなんて、全然気になりませんでした 笑。
あんなに悩んだのはなんだったのか。

そして、印刷している姿がこちら。
DSC08057
エプソンのカラリオ同様、キャノンのピクサスも
給紙トレイどころか、いろいろ飛び出しちゃうわけですよ。
もっとスマートに印刷できないものなのかな…苦笑。

まぁ、それは仕方ないとして、
機能面で気になる点はなく、新しいプリンターに満足です♪

さぁ子どもたち、これでまた、いっぱいプリントを印刷してあげられますよ。
わはは。


それにしても、思いがけず痛い出費でした(´;ω;`)ウゥゥ
家電が壊れる時って、続くって言いますよね…
もう何も壊れないで~!!

この時にチラッと書きましたが、

コロナ休校中の子どもたちは、
インターネット上の教材を自宅学習に活用しています。

主にお世話になっているのは、
「ちびむすドリル」と

「東京ベーシックドリル」。


なのに、このタイミングで…
DSC08034
プリンターが壊れたよ。・゚(゚`Д)゙

修理に出すと、
手元に戻ってくるまでに数日間を要するのも困るし、
修理代が10,000円越えとの情報もあり、急遽、買い替えることにしました。
8年も使ったしね。充分活躍してくれたと思います。

ワタシが欲しい機能は、

①パソコンから印刷
資料系をA4サイズに印刷することが多いです。
写真や年賀状は業者さんにお願いすることにしているので、
自宅プリンターではほとんど印刷しません。
ちなみに、スマホからの印刷は今のところ必要性を感じていません。

②スキャン・コピー機能
本などをスキャンすることもあるので、
巻き込むタイプではなく、原稿ガラスにセットするタイプのスキャナが欲しいです。

③前面給紙トレイ
毎回、手差しをするのは面倒なので、
トレイに数10枚のA4サイズをセットしておきたいです。

④できれば黒
でも、白でもいいかなぁ…

⑤できれば独立インクタンク
減ったインクだけを交換した方がちょっとお得なので。


 * * * * *

要件を満たしているプリンターを軽く調べた結果は下の通りです。

第1候補:Canon【PIXUS TS8330】約22,000円
CANON PIXUS(ピクサス) TS8330BK(ブラック) インクジェット複合機 A4対応CANON PIXUS(ピクサス) TS8330WH(ホワイト) インクジェット複合機 A4対応
メリット:
・今まで、2代連続でCanonのプリンタを使用しているので慣れている。
・タッチパネル方式で使いやすいとのレビューあり。
・2,000円キャッシュバックキャンペーン中。

デメリット:
・本体のサイズが小さくなったため、A4用紙トレイが前に飛び出している。
・使っていたプリンタは給紙トレイが2段あって便利だったけれど、この機種は1段。


第2候補:EPSON【ColorioEP-812】約18,000円
エプソン EPSON インクジェット複合機「Colorio(カラリオ)」[L判〜A4対応/USB2.0/無線LAN] EP−812A ホワイト

メリット:
・希望機能をほぼ満たした商品の中では安い。
・シンプルなデザイン。
・給紙トレイが2段ある。

デメリット:
・色を選べない。
・「最低のユーザビリティ」などレビューが非常に悪い。


第3候補:EPSON【Colorio EP-882】約22,000円
エプソン EP-882AB インクジェットプリンター カラリオ ブラックEP-882AR エプソン A4プリント対応 インクジェットプリンタ複合機(6色染料)/直感タッチパネル(レッド) EPSON Colorio(カラリオ)エプソン EP-882AW インクジェットプリンター カラリオ ホワイト
メリット:
・ColorioEP-812の上位モデル。
・シンプルなデザイン。
・給紙トレイが2段ある。
・自分で交換可能な交換式メンテナンスボックスが採用されている。
 (通常は修理に出す必要がある。)

デメリット:
・デモ機のタッチパネルがこちらの意志通りに動かず、ムスメに不評。
 (操作性が高いとのレビューが多いので、デモ機だからかな?)


そして、店員さんが
「たくさん印刷するなら、インクが安いこちらもオススメ」と
勧めてくれたのが、EPSONのエコタンク方式のプリンター。

第4候補:EPSON【EW-M752T】約43,000円 
エプソン EPSON EW-M752T A4カラーインクジェット複合機 エコタンク搭載モデル ホワイト [L判〜A4][ハガキ 年賀状 印刷 プリンタ EWM752T]

メリット:
・インクのコストがかなり安いため、数を気にせず印刷できる。

デメリット:
・本体価格が高い。
・機体が少々大きい。

一晩悩んで、ワタシが決めたプリンターはどれでしょうか?
答えは、次回!

↑このページのトップヘ