プリンターが壊れたので、
急遽、買い替えることに決定( ノД`)シクシク…

ぜひ、前回の記事からご覧ください。


まず、
プリンター本体は高いけどインクが安い「エコタンク方式」と、
本体は安いけどインクが高い「インクカートリッジ方式」を検討しました。

詳しくはこちらを見てくださいね。

インクカートリッジの交換回数が1年に1回以上、
もしくは、500枚以上印刷する場合は、エコタンク方式がオススメなようです。

わが家の場合、プリント枚数は不明。
インクカートリッジの交換回数は楽天の購入履歴によると1年に1回です。

でも、今までは年賀状を自宅で印刷していたので、
その数字は参考にならないかなぁ、と。

今年の年賀状から、業者さんにお願いすることにしたので、

本当にラクでした( ´艸`)

今後、ムスメが中学生になり、印刷(コピー)する機会は増えるかもと思いますが、
それでも、高い本体を買うほど印刷枚数は多くならないと結論付けました。
なので、インクカートリッジ方式を採用。

 * * * * *

さて、CanonかEPSONか。

カクカクしたデザイン、しかもプリンターに関しては黒が好みなので、
給紙トレイの出っ張りがなければ、Canonで即決していたのですが、
どうしても、どうしても、出っ張りが気になる!

CanonのPIXUS TS8330はこちら。
CANON PIXUS(ピクサス) TS8330BK(ブラック) インクジェット複合機 A4対応
あぁ、給紙トレイよ、なぜ出てしまったのか。

ちなみに、給紙トレイを空にすれば、
このように出っ張りを折りたたむ?ことも可能です。
キヤノン CANON インクジェット複合機 PIXUSTS8330BK
でも、コピー用紙は入れっぱなしの方が断然ラクなので、
我が家の場合、この姿になることはないでしょう…

PIXUSは、ほぼすべての機種で給紙トレイが前に出ちゃっているのですが、
「出っ張りが気になる」というレビューが本当に多かったです。

 * * * * *

大きく気になるデメリットもないし、
EPSONのColorio EP-882にしようかなぁと決めかけた時、
印刷する際に、前面パネルがガバッと開いて前面から突き出ることに気付きました。
結局、EPSONのカラリオだって、前面に出っ張っちゃうわけかぁ…

あれ?Canonの給紙トレイがとび出していることなんて、
実は大したことないのかな?

ということで、
やっぱりカクカクが好きなので、CanonのPIXUS TS8330に決めました!

自宅に持ち帰ってみたらね。
DSC08061
黒い台の上に黒いプリンターを置くと、
給紙トレイの出っ張りなんて、全然気になりませんでした 笑。
あんなに悩んだのはなんだったのか。

そして、印刷している姿がこちら。
DSC08057
エプソンのカラリオ同様、キャノンのピクサスも
給紙トレイどころか、いろいろ飛び出しちゃうわけですよ。
もっとスマートに印刷できないものなのかな…苦笑。

まぁ、それは仕方ないとして、
機能面で気になる点はなく、新しいプリンターに満足です♪

さぁ子どもたち、これでまた、いっぱいプリントを印刷してあげられますよ。
わはは。


それにしても、思いがけず痛い出費でした(´;ω;`)ウゥゥ
家電が壊れる時って、続くって言いますよね…
もう何も壊れないで~!!