「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ: 針しごと

この時のフラグを無事に回収しました。

中学に入学したムスメの体操着入れと体育館履き入れ、
学校再開直前どころか、体育の前日に作りました。

いつも、子どもたちに
「やらなくてはいけないことは、さっさとやった方がいいよ。
やらなきゃ~、やらなきゃ~と気にし続けるの、嫌でしょ?」と言っているのに、

「やらなきゃ~やらなきゃ~、でも、明日でもまだ間に合う!」と
ずっと先延ばしにした母はワタシです。
(゚∀゚)アヒャヒャ


前日に泣きながら(ウソ)作った巾着袋がこちら。

左が、どう考えてもマチが大きすぎた体育館履き入れ、
右が、体操着入れです。
DSC08731
コロナ対策をしながらの買い物にエネルギーを奪われるので、
布は家にあるもので何とかしました。

 * * * * *

100均にもオシャレな巾着袋はたくさん売っているので、買えばいいと思うのですが、
どうしてもママの手作りがいいそうで。
そんなことを言ってくれるのも本当にあとわずかでしょうから、母は頑張りました。

3年間、大切に使ってくださいませ。

先日、ムスメの中学校の入学式がありました。

休校中の入学式なので、なかなか実感が湧かなくて、
ムスメに「上靴袋がない」と言われていたのに、用意していませんでした。

もう、お母さんの手作りより市販のモノの方が嬉しいお年頃かと思っていたのですが、
「買い物自粛中だから、作ろうかな。」と言ったらすごく喜んでくれて。

入学式前日に、ヒーヒー言いながら作りました。
家にあるもので作れてよかった。
DSC08320
※上履きは未使用です。

誰にも気付かれない部分ですが、

①袋縫い
DSC08329

②折り伏せ縫い
DSC08331

③隠しマチ(折マチ)
DSC08339
という無駄なこだわりを見せたので、
作るのにちょっと時間がかかってしまいました。

ちなみに、上履き袋というと、
右に写っている、こういうタイプを思い浮かべると思いますが、
DSC00533

中学生は、上履き袋をリュックに入れるので、
汚い上履きがリュックの中に飛び出さないように
巾着やファスナータイプがよいそうですよ。

上靴を入れるとこんな感じです。
DSC08343
ムスメの足がグングン大きくなっても大丈夫なように、
少し大きめに作りました。

あと、体育館履き入れも用意しないといけないんですけど、
それは、学校が再開する直前でいいかなぁ~

お店からマスクが消えましたね…

わが家は、就寝時にマスクをつけるので、

使い捨てマスクのストックは他のご家庭より多いかと思いますが、
インフルエンザや花粉症など、まだまだマスクが必要な季節は続くので、
贅沢に使っていては底をつくかもしれません。

今すぐできる対策、第一弾として、
子どもたちの就寝用マスクを使い捨てから布マスクに戻すことにしました。

以前のマスクは、

洗濯を繰り返して小さくなってしまっていたので、
家に余っていたガーゼで、新しくマスクを作ってあげました。

今回は、使い捨てマスクと同じ形にしました。
DSC07602
重ねず作ったので、かなり呼吸しやすくなりましたよ。

寝ている時、不快にならないように、
表側に縫い代がくるように作りました。
DSC07605
ゴムを布に折り込んで縫うのが非常に難しかったので、
切りっぱなしが出ちゃってますが、
コレを付けて出掛けるわけではないので気にしません。
縫い目がガタガタなのも気にしません。

内側はつるっとキレイ。
DSC07607
子どもたちも喜んでくれました。

 * * * * *

ワタシもマスクをつけて寝るのですが、
布のマスクはやっぱり苦しいんですよね~

気持ちの問題もあると思うのです。
でも、寝るときは、もっともっと薄いマスクをつけたいんです。

そこで、ワタシはあるもので使い捨てマスクを自作することにしました。

そのお話は、また次回に。

↑このページのトップヘ