「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ: 季節の行事

2月ってあっという間に終わっちゃうんですよね~

「やばい!まだ出してない!!」と
急いで雛人形を出しました。

先日、おもちゃ棚の上のままごとキッチンを処分したので、

その空いたスペースを利用しました。

今年は、ムスメが1人で飾ってくれました。
DSC07737
ワタシは一度も手伝うことなく。

小さかった頃は、「触っちゃダメだよ!」と
何度も注意しなくてはいけなかったのに。
DSC07744
成長を感じますねぇ。

ムスコが1年で一番楽しみにしている行事が節分です。
(ホント?)

今年は節分が平日なので、
フライングして2日(日)にお祝い?しました。

まずは、休日の夕食担当のオットが手巻き寿司を作ってくれました。
DSC07021
「酢飯もカニカマもキライ、なんで食べないといけないの?」と
プチ反抗期のムスメがうるさいので、
各自で好きなものを食べられるように手巻き寿司になりました。

今年の恵方ってどっちだっけ?こっちでいいか~と
思い思いの方向を向いて、手巻き寿司を食べるわが家 笑
テキトーがすぎる。

さぁ、いよいよ豆まきです。

今年の鬼のお面は…

ムスメ作。弟を怖がらせたい一心で作りました。
DSC07035

ムスコ作。姉を真似して作ったら子分みたいな鬼ができました。
DSC07046

では、ここからは、
子どものために(?)張り切りすぎているお父さんをご覧ください。

「おりゃ~!」
DSC07096

「とう!」
DSC07149

激しすぎて、腕が何本もあるよ~!
DSC07185

「ほら、かかってこいよー!」
DSC07213

「つっかまえた~!!」
DSC07254

「パパはやりすぎなの!」
DSC07303

「ひー!」
DSC07357
「ごめんなさ~い」

「って、このやろ~!調子に乗りやがって~!」
DSC07446

ギャー!こっちに来たー!!
setsubun
と、今年も激しい叫び声が飛び交うわが家の豆まきでした。

 * * * * *

玄関から退散する鬼さん。
DSC07502

笑顔でご帰還。
DSC07529
ムスコがカギをかけようとしていたことは知りません。

 * * * * *

普段のうっ憤を晴らすような、激しいわが家の豆まき。
「鬼は~外!福は~内!」の掛け声も忘れていました(^^;)

基本に立ち返り、スポーツのような豆まきは
今年で最後にしようか、ということになりました。

来年、どうしようかなぁ~?
(普通に豆まきをすればいいのでは。)

昨日は1月11日。鏡開きをしました。
調べてみると、地域によって4日や15日、20日のところもあるようですね。

今年は、充填タイプの鏡餅を使用したのですが、
外側のフィルムを剥がすのに苦戦しました。
DSC06680
ハサミでムスコを刺しそうになっちゃいました。
ケガしなくてよかった。

そして、充填タイプのお餅は固すぎるので、
DSC06737
包丁で切っちゃいました。

ダメですよ~
鏡開きに刃物を使っては 苦笑。

お餅は、みたらしに絡めたり、磯辺焼きにしていただきました。

 * * * * *

今年の鏡開きに苦労したので、
来年からは、こういうのを使おうかなぁ。
子どもたちには鏡開きの由来を説明するだけで済ませたい。
鏡餅 陶器 【Mサイズ】マットな質感がモダン ぽてっとしたフォルムがかわいい陶器の鏡餅です♪カビの心配いらずで、忙しい年末にサッと準備できます! 正月飾り 経済的 エコ 瀬戸焼 白磁 素焼き マットな質感
1年に1回しか使わないものに対して、お値段が高すぎるかな…

おまけ:
わが家の鏡餅くん。
DSC06742

↑このページのトップヘ