「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ:おうち > 和室(子どもスペース)

子どもたちのおもちゃを置いている和室を掃除しました。

中学1年生のムスメは捨て魔なので、
「これ、いらない」「これ、捨てよう」と
とにかく捨てたがります。
自分が遊ばないおもちゃばかりですからね。

一方、モノが捨てられないムスコ。
「これは思い出が」「いつか使うと思う」と
片付けが全然進みません。
小学4年生だもの、さすがに12ピースのパズルは、もういらないでしょ…

2時間ほどかけて、
仕分けしながら部屋の中にあるすべてのおもちゃを出して。
IMG20201123111031
IMG20201123111039
ホコリが溜まっていた棚の裏も拭き掃除して。
あぁ、スッキリ。

でも、横にはこんなにたくさんのおもちゃが…
IMG20201123111100
レジ袋2つ分のおもちゃを廃棄しましたが、
まだまだスゴイ量ですね…

これらを元に戻して、
IMG20201123113058
IMG20201123113107
完成です!

 * * * * *

ある女性映画監督さんが、
「中学生の頃に兄に笑われてやめてしまったけれど、
もっと人形遊びをしていたら、私はもっと豊かな想像力を持ったはず」と
いうような話をされていたのが心に残っています。

まだ時々、シルバニアで遊ぶムスメ。
小さなぬいぐるみをかわいがるムスコ。
(ナイショですよ!!)

そんな姿を見ながら、
将来は映画監督かしら~なんて思っています。

それは、冗談ですが、
人形遊びはもういいやって決めるのは、周りではなく本人でいいはず。
それまでは、不要な声かけはせずに見守るつもりでいます。

わが家のおもちゃたちは、まだまだ減りそうにありません。

子どもがまだ小さかった頃にDIYしたおもちゃのキッチン。
DSC01782
詳しくはこちらを見てくださいね。

今では、すっかり荷物置き場になってます 涙
DSC06913
キッチンにグローブやおもちゃの拳銃…どうして?

ごちゃごちゃしているのが気になったので、
子どもたちの承諾を得たのちに、撤去しました。
DSC06919
うん、スッキリ~!

そのままでは指定ゴミ袋に入らないので2つにカット!
DSC06926
手首が死んだ…

壁に取り付けたバーも撤去しました。
DSC06913
石膏ボード用の釘を使ったので、
ジーッと見ない限り、壁の穴は目立たちませんが、
この壁に、ちょっとやりたいことがあるので、
その時に合わせて補修しようと思います。

 * * * * *

今後、ここにはモノを置いてはいけないルールにしようと思います。
DSC06919
無理だろうなぁ…

すっかりおもちゃ部屋と化している和室。

モノが溢れてきていたので、
子どもたちと一緒に整理しました。
BlogPaint
年に1~2回のペースで見直ているのですが、
今回もこんなに不要なおもちゃが出てきました。

あれ?写真に撮ると、スッキリ感が伝わらないなぁ…
DSC01765
かなりスッキリしたんですよ!!

 * * * * *

あれもこれも捨てることになり、
心が痛くなってしまったのか、グッタリしてしまった子どもたち。

成長とともに不要となるおもちゃがあるのは当然だと思います。
充分に遊んで手放すのであれば、それは仕方がないことかと。

でも、ファミレスやファストフード店で気軽にもらってしまって
その時1回遊んだだけで捨てられていくオマケのおもちゃは
「もらわなければ、捨てなくて済むんだよ。
次からは、本当に必要だと思うものだけもらおうね。」
と、説明しました。

もらいたくなってしまう気持ちはわかりますけどね…

断捨離は手放すだけではなく、家に入れないことも大事なのですが、
子どもたち(特にムスコ)にはまだ難しいかな。


おもちゃをスッキリさせたことで、
やらなくてはいけないことが、もう1つ。

それは次回に。

おまけ:
いい塩梅でフレームインするムスコ。
DSC01766


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいね。

↑このページのトップヘ