「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ:からだ > 肌断食

昨日のつづきです。
ワタシが肌断食をはじめたきっかけ」もぜひ読んでくださいね。

 * * * * *

肌断食を始めてから、肌につけるものがとてもシンプルになりました。
今日は、その成分とあわせてご紹介したいと思います。

≪洗顔≫
宇津木式肌断食では、洗顔は純せっけんのみ使用OKです。
ワタシは、ミヨシ「白いせっけん」を、
無印の洗顔用泡立てネットで泡立てて使っています。
DSC01418
ミヨシ石鹸 無添加 白いせっけん 108g×3個(無添加石鹸)[ケンコーコム ミヨシ石鹸 ミヨシ 無添加せっけん 石鹸]【7_k】【rank】
[成分:石ケン素地]

ちなみに、クレンジングはしません。
日々のメイクは、とってもカンタンなポイントメイクのみ。
ベースメイクをする場合も、せっけんで落ちるパウダーを使っているので、
クレンジングは必要ありません。


≪保湿≫
昨日もご紹介しましたが、洗顔後の保湿は、
サンホワイト(ワセリン)か、無印のホホバオイルで。
DSC01422
どちらも、米粒の半分くらいの量を手によく伸ばしてから、
手のひらで顔を包むようにしています。
【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
[成分:ワセリン]

サンホワイトは、携帯用のクリームケースに詰めて、
リップクリームやハンドクリームとしても使っています。
トラベル クリームケース 6ml 3Pセット 40-848(se0a058)【RCP】

≪シャンプー・リンスボディーソープ≫
シャンプーとボディソープは、無添加せっけんを使っています。
名前は「泡のボディソープ」ですが、シャンプーとしても使えます。
DSC01428
ミヨシ石鹸 無添加 せっけん 泡のボディソープ つめかえ用 5L(無添加石鹸)[ケンコーコム ミヨシ石鹸 ミヨシ 無添加せっけん 無添加ボディシャンプー]【送料無料】
すぐになくなっちゃうので、5Lのつめかえ用を買ってます。
これを買うようになってから、ストック管理がグッとラクになりました。
でも大きいので、収納場所は考慮する必要があります。
[成分:水、カリ石ケン素地]

リンスは、せっけんシャンプー専用リンスを。
桶にためたお湯にポンプで数プッシュ分のリンスを入れて、
髪をすすいでいます。

せっけんでシャンプーすると、キューティクルが開いて
髪がキシキシになっちゃいますが、
このリンスをすると、一瞬でサラッとします。
「キューティクル閉じろ~」と念じながらリンスしています 笑。

ミヨシ石鹸 無添加 せっけんシャンプー専用リンス つめかえ用 300ml(石鹸シャンプー用リンス)【楽天24】【あす楽対応】[ミヨシ 無添加せっけん 石鹸シャンプー用リンス]
リンスもすぐになくなっちゃうので、
ぜひ5Lのつめかえを作ってほしいです!
[成分:水、クエン酸、クエン酸Na]


≪入浴剤≫
入浴剤は、重曹大さじ2に対してクエン酸大さじ1入れています。
何も入れないお湯に比べて、柔らかい気がします。
DSC01436
右の2つの粉がそれです。
混ぜて置いておくと固まっちゃうので、入浴時に湯船で混ぜます。
シュワシュワ発泡するので、子どもたちに大好評です。
※バスボムとして、適量ずつ固めておく方法もあります。

食品レベルでこのお値段。
重曹 1kg【メール便送料無料!(代金引換・日時指定不可)】クエン酸 1kg【メール便送料無料!(代金引換・日時指定不可)】
送料無料なのも嬉しいです。

 * * * * *

天然由来だから、無添加だからといって、
肌に良いわけではないと思っています。

でも、一般的な化粧品類の成分欄ってこうなっています。
これは、わが家で使っていた某保湿剤のものです。
BlogPaint
ジメ…?パラ…?

このすべてが、肌に毒性があるものではないのでしょうけれど、
自分や子どもたちの肌に、このたくさんのカタカナの何かを
付けることが怖くなってしまって。

わが家は、肌につけるものもシンプルでいきたいと思います。

2年半前の秋、突然「肌断食」を始めました。
きっかけは、この本。
「肌」の悩みがすべて消えるたった1つの方法 [ 宇津木龍一 ]


ワタシは、子どもの頃、アトピーでした。
自分の肌に自信があるわけではありません。
でも、当時、これといった大きなトラブルを抱えていたわけでもないのですが、
なぜ、この本を手にしたんだっけ…?

この本によると、
「スキンケアは、するべきではない」そうです。

夜だけしない、とか
1週間のうち1日だけしない、とかではないんです。
一生、しないんです。

化粧水や乳液をつけないなんて…ビックリ!

そして、とても影響を受けやすいワタシは、
スキンケアをやめちゃいました。

ワタシは、もともとメイクやスキンケアが大好きという人間ではないので、
スタートしやすかったのかもしれません。

最初は、本当に何もつけなかったので、
やっぱり、季節や体調によっては肌が乾燥して、ボロボロになることもありました。

今は、あまり頑張らずに続けられる方がいいなと思って、
洗顔後、ワセリンか無印のホホバオイルを
米粒の半分くらいの量だけ、つけるようにしています。
DSC01422
※宇津木式肌断食では、ワセリンのみを推奨していて、
乾燥して困ったときだけ塗るようにと書かれています。
【定形外郵便で送料無料!】サンホワイトP-1 50g
サンホワイトは、純度の高いワセリンです。
なかなかなくならないので、
チューブタイプが衛生的でオススメ☆

肌断食を続けて2年半。

「ツルツルになった~!」という劇的な変化はありません。
でも、左頬の中央がうっすら暗くなっていたのですが、
それはなくなったかな?

肌の調子は、以前と変わりません。

ほとんど何もしていないのに、
一生懸命(でもなかったけど)スキンケアしていた頃と変わらないって、
あの時間とお金、なんだったんだろう…って思いました。


肌断食によるココロの変化

「もうすぐ40代だし、化粧品を変えてみようかな」とか
「あの美容液がいいらしい」とか、
化粧品(の宣伝)に惑わされることがなくなったのが一番嬉しい。

今までは、いろいろな情報に振り回されて、
その結果、使い切れていない化粧品が溜まっていく…なんてことになっていました。

今は、肌の調子が悪くなったときは、化粧品のせいではなく、自分のせい。
「最近、外食が増えてたな」「睡眠が足りていないかな」「ちょっと疲れているのかな」
自分の内面や生活を反省します。

肌断食をはじめて、化粧品に頼らない清々しい気持ちも手に入れたように思います。


ワタシは、肌断食をオススメしているわけではありません。
でも、「ワタシの暮らしの記録」として、もう1回だけ肌断食の話が続きます。
よろしかったら、お付き合いくださいね。


こちらの本も読みました。
宇津木式スキンケア事典 [ 宇津木龍一 ]肌断食 [ 平野卿子 ]
平野卿子さんの本は、著者の肌断食体験談です。
文章がとても面白くって、ぐんぐん読めます。

↑このページのトップヘ