「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ:からだ > ムスコの扁桃腺手術

ムスコが扁桃腺を除去することになったので、
その記録です。

ムスコの扁桃腺除去ものがたり①【理由編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり②【入院編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり③【手術編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり④【手術翌日~退院前日編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑤【退院編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑥【持ち物編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑦【完治編】

 * * * * *

ムスコが入院した小児科病棟には、
感染予防のため中学生以下は入ることができません。

ムスコが入院している一週間、
ムスメはワタシの実家に預かってもらっていました。

今まで、ムスメがワタシと離れたのは、
ムスコ出産時と幼稚園の合宿の2回だけ。
まだワタシと一緒に寝ている小学5年生、大丈夫かなぁとちょっと心配しましたが、
いや、でももう5年生だもんね、と思っていたら、

「天国だった~!」と満面の笑みで帰宅しました。

服を買ってもらったり、
ケーキを買ってもらったり、
お寿司を食べに行ったり、
ゲームやったり、
テレビも見放題で、
1533357779265 - コピー
1533357758764 - コピー
とにかく楽しかったそうです。

「あ、でもちゃんとお手伝いもしたよ」と言ってましたが、
どうでしょうか?

 * * * * *

ムスコの入院中は、ムスコのことだけを考えていればよかったので、
ムスメを実家に預けられて、本当によかった。

お世話になりました!
ありがとうございました!!

 * * * * *

今回で、ムスコの扁桃腺除去ものがたりは終了です。
長くお付き合いくださいまして、ありがとうございました!

次回から通常モードに戻りたいと思います。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいね。

ムスコが扁桃腺を除去することになったので、
その記録です。

ムスコの扁桃腺除去ものがたり①【理由編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり②【入院編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり③【手術編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり④【手術翌日~退院前日編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑤【退院編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑥【持ち物編】

 * * * * *

手術から17日目の8月10日、
患部の瘡蓋がすべてきれいになり、完治となりました。

先生に「普段通りに生活していいよ」と言われた時のムスコの嬉しそうな顔。
本当によく頑張りました!

 * * * * *

≪手術後の寝息の様子≫

手術直後は、喉に液体が溜まっているような
ジュルジュルした寝息が聞こえましたが、
喉の痛みを訴えなくなったころから、寝息が本当に静かになりました。
息をしているのか心配になってしまうくらいです。

≪食事の様子≫
なかなか食欲が戻らず、手術前から体重が5キロほど減ってしまいましたが、
体を動かすようになったら、段々と食べられるようになりました。
本人によると、今までより食べ物が飲み込みやすいそうです。

≪手術の後遺症≫
味覚がおかしくなる、舌がしびれるなどの後遺症が残る場合もあるようですが、
幸い、ムスコは特に気になるような症状はありませんでした。

声が少し高くなりましたけど、
まだ子どもだし、そして男の子だし、
これから声は変わっていくだろうなぁ、とあまり気にしていません。

 * * * * *

長い間、手術を受けるべきなのか悩みましたが、
今の穏やかな寝顔を見ると、手術を受けて正解だったと思います。

そして、とても素敵な先生に出会えたことに感謝。
「もう完治!受診しなくていいですよ」と言われた時には
先生に会えなくなるのかと寂しくなってしまったほど。
本当にお世話になりました。ありがとうございました!

 * * * * *

手術前:喉の奥にあった大きな扁桃腺。
DSC00621
丸いボールが2つ、喉を塞いでいるのが見えますか?

手術後:空気や食べ物の通り道が大きくなりました。
DSC00818

もう1回だけ、続きます。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいね。

ムスコが扁桃腺を除去することになったので、
その記録です。

ムスコの扁桃腺除去ものがたり①【理由編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり②【入院編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり③【手術編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり④【手術翌日~退院前日編】
ムスコの扁桃腺除去ものがたり⑤【退院編】

 * * * * *

今日は、子どもの入院に、持っていってよかったと思ったものを
書いておきたいと思います。

①ムスコ用

【マンガ・塗り絵&色鉛筆・野球の雑誌】
入院中は、1日が長い!
とにかく、好きなことをさせようと思い、
ヒマつぶしグッズをいろいろ用意しておきました。

【イヤホン】
入院中、ムスコはずっと高校野球の予選をテレビで見ていました。
大部屋でテレビを見るには、イヤホン必須。
ただ、会話できなくなっちゃうので、
片耳タイプを持っていけばよかった、と後悔しました。

もっと小さい子は、テレビを楽しめる時間が限られているので
(朝と夕方の教育テレビとか)
DVDプレーヤーが大活躍しているようでした。

【ティッシュ】
手術直後、唾を飲み込むことができなくて、
ティッシュに出していたので、すぐに1箱なくなりました。

ちなみに、手術後ずっと血を飲み込み続けると
気持ち悪くなってドバーッと血を吐いちゃうらしく、
血が出たら、ペッペと出すのが正解らしいです。
※ムスコは手術後の出血はほとんどありませんでした。

【ウェットティッシュ】
テーブルを拭いたり、手を拭いたり。

【小さい時計】
部屋に時計がなかったので、
小さい時計を用意しました。

【プラスチックのS字フック】
バッグやナースコールのボタンをかけるのに大活躍しました。
カチャカチャいわないように、プラスチックにしたのがポイント。

【クリップやテープ】
食べかけのお菓子やパンの袋を留めるのに使いました。

【薄い長袖】
病室は24時間空調がきいているのですが、時々寒いくらいでした。

【薄い長ズボン(パジャマ)】
上は、点滴用のパジャマを貸してもらったのですが、
下は、薄い長ズボンが活躍しました。

【上靴】
学校でいつも使っている上靴を用意しました。

【ふりかけ】
白いごはんがツライようだったので、
ふりかけを用意しました。


持ち物ではないのですが、
「こうすればよかった!」と思ったこともここに書いておくと…

手術後はしばらく入浴できないので、
短く丸刈りにしておけばよかった!と思いました。


②付き添ったワタシ用

【本】
入院中、ムスコが寝ていたり、テレビを見ている間、
ワタシはずっと本を読んでました。
ののはな通信 [ 三浦 しをん ]考えない台所 (Sanctuary books) [ 高木ゑみ ]【中古】 わたしの節約ノート 節度をもって、約しく暮らす /山本ふみこ【著】 【中古】afb
10冊以上読みました。

【スマホ・充電器】
とにかくヒマ過ぎたので、
スマホがある時代でよかった…と思いました。

【カメラ】
あとで「この時は頑張ったよね~」と話せるように、
記録として写真を撮りました。

【ノート】
経過を記録したり、
ムスコと筆談したり、
少し席を外すときに看護師さんにメモを残したり。

【小さいポシェット】
貴重品をすべてポシェットに入れた状態で、
鍵のかかる引き出しにしまっておきました。
売店に買い物に行くときや、診察に行くときなど、
もたもたしなくて非常によかったです。

【1000円札】
自販機や、駐車場の精算機で5000円札や10000円札が使えないこともあると思い、
1000円札はたくさん用意しておきました。

【薄い長袖】
エアコンが寒い時があって。
羽織るものがあると安心でした。

長くなっちゃった。
次は、完治編です。


ランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

クリックしていただけると嬉しいです。

 

 

ありがとうございました。
また、遊びにきてくださいね。

↑このページのトップヘ