「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ: おうち

ちょっとだけ、先日のつづきです。

パナソニックの洗濯機が壊れて、電話で修理を依頼してから、
実際に修理していただくまで3日間待ちました。
その間、洗濯できないのは困るので、
近所のコインランドリーのお世話になったのですが…不満がいっぱい!
※コインランドリーの利用は人生初です。

●脱水が甘く、とにかく乾きが悪い!
乾燥機NGの服を分別するのが面倒だったので、
コインランドリーでは乾燥機を使いませんでした。
すべて自宅で部屋干ししましたが、いつまでたっても乾かない( ノД`)
翌朝に使用するムスメの体操服などは、扇風機をガンガン当てて乾かしました。

●洗剤の香りが強すぎてツライ…
最近の洗剤は、ワタシには香りがきつすぎます。
自宅から洗剤を持参できるようにしてほしいです。
自宅の洗濯機が直ってから、コインランドリーで洗ったすべての服を洗い直しました。

ちなみに、わが家の洗剤はこちら。
ニュービーズ 粉末 洗濯洗剤 大(800g)【ニュービーズ】[洗浄 消臭 部屋干し]
蛍光増白剤不使用、穏やかな香り、たしかな洗浄力。
なんて優秀な洗剤なんだ!
さすが、超ロングセラー商品です。


コインランドリーは、
連日、夜の利用だったので、仕事帰りのオットが行ってくれました。
ありがたや~

何が言いたいのかといいますと、
自宅で洗濯ができるって、本当にありがたい!!

 * * * * *

蓋のロックの故障(我が家はエラー番号U12・H27が出ました。)の原因の多くは、
ロックが完全に解除される前にフタを動かすことにあるそうです。
ワタシ、せっかちなので、気をつけようと思います!

わが家のPanasonicの洗濯機。

この時のエラー番号が消えなくなり、

とうとう洗濯できなくなりました…
DSC05990
DSC05991
修理に来てもらったら、蓋のロック部分のパーツの不具合が原因でした。
(基盤の故障だったら、修理完了まで時間がかかると言われていたので、ホッとしました。)

20分ほどでパーツを交換してくださって、無事に洗濯できるようになりました。

 * * * * *

実は、2週間ほど前にも洗濯できなくなり、
Panasonicのコールセンターに修理の依頼をしていました。

その時、出張費・修理費の相場は22,000円ほどと言われ、
ガッカリとため息をついたのですが、
修理予約日の直前に再度使えるようになったので、
2万円を惜しんで、修理をキャンセルしました。

その後、またエラー番号が消えなくなったので、
やっぱり修理しないとダメなのね…と取扱説明書ファイルを取り出したところ、
保証書と一緒に保管していたレシートに
まったく身に覚えのない「無料延長保証」の文字を発見。

よく調べたら、どうも、5年延長保証に入っていたようなのです。しかも無料で。
本当に記憶がないのですが、
多分、家電量販店がサービスでつけてくれたんだと思います。

問い合わせたら、修理は無料でOKとのこと。

やった~!!!

上のリンク記事(昨年11月)の時には延長保証のことにはまったく気付いていなくて、
サービスマンの方が「有料で修理するよりもそのまま使った方がいい」と
修理せずにお帰りになったのですが、

あの時のサービスマン、ありがとう!

2週間前の洗濯機、最後の粘りを見せてくれてありがとう!!

おかげで、無料延長保証に気付けたよ。
本当に嬉しい!

浮いた2万円、どうしようかなぁ(・∀・)


≪おまけ≫

今回来てくださったサービスマンの方に、
洗濯防水パンカバーを何回も褒めていただきました。
DSC06135
DSC06125
DSC06132
「すばらしい設計だ!よくできているなぁ~」と。

この年齢になっても、褒められると嬉しいものですね(*'-'*)

この時にチラッと書いていますが、

中学生になったムスメのお弁当生活開始を機に、
キッチンの収納を少し見直しました。

今まで、背面カウンター下のこの引き出しには、
DSC08747
数日間だけ残しておきたいお便りだったり、
ちょいちょい利用する付箋やハンコ、マスキングテープなど
小物を保管する場所だったのですが、
DSC08749
ムスメのお弁当グッズ入れにしました。
DSC08752
本当は、お弁当を詰める担当のムスメが楽しくなるように
もっとたくさんグッズを揃えたかったのですが、
コロナ禍で買い物もままならず、
とりあえず、必要最低限のものだけ用意しました。

グッズは、ムスメと一緒に
少しずつ増やしていきたいと思います。

 * * * * *

休校中は、

子どもたちに退屈な思いをさせてはいけない、とか
勉強をきちんとみてあげなくては、とか
運動もさせないと~、とか
規則正しい生活リズムを崩さないようにしなくては、とか
健康管理もしっかりやらなきゃ、とか
栄養バランスを考えてごはんを作ろう、とか
おやつもできるだけ手作りで、とか

ワタシ、いろいろ気を張っていたんだと思います。

子どもたちの学校が本格的に再開して、
ちょっと燃え尽き症候群のような状態になっちゃってます。

叫ばせてください。
「まったく、やる気が、しないんだよ~!」

早く浮上したいです。

↑このページのトップヘ