「ここちよい暮らし」の作り方

 子どもと一緒に、シンプルに。

カテゴリ: 食べるもの・飲むもの

「コロナ休校」から春休みに突入のわが子たち。
なんと!10時にもおやつを食べるのですよ。

もう赤子じゃないんだから、
3時だけでいいんじゃない?と思うのですが、
このくらいの楽しみは、仕方ないか。

おやつの時間が増えちゃったので、
市販のモノばかり食べさせてもな…と思い、
できるだけ、手作りしたいと思っています。

先日のバスク風チーズケーキも。


こちらは、煮るのに失敗した黒豆を入れた蒸しパン。
DSC07945
大成功でした。黒豆、復活できてよかった!

チョコレートパン。
DSC08064
砕いた板チョコを入れたのですが、
トーストするとトロ~ッと溶けて、激うまでした。

りんごゼリー。
DSC08223
いただいたストレートジュースを使って。

みたらし白玉団子。
DSC08170
串に刺して焼こうかと思ったら、
柔らかすぎて刺せませんでした。
次回は、米粉も混ぜてみようっと。

余っていた生クリームを使って、バニラアイスクリーム。
DSC08295
冷凍中、途中で混ぜたくないので、簡単レシピを考案中。
今回は、2層に分かれて失敗( ノД`)

先日、あんこも炊いたので、
DSC08078
またいろいろ作りたいと思います。

あ、毎日手作りおやつなんてことはありませんよ。
バナナとか、イチゴとか、ヨーグルトとか、
そんなものにも助けられてます。

バスク風チーズケーキにハマっています。
DSC08081

この時から、もう3回は作ったかな。

材料費が高いので、スーパーで唸りますが、
一口食べると「やっぱり美味しい~!!また作っちゃおう」ってなります。

参考にしたのはこちらのレシピです。

でも、もっとラクに作りたいと思い、今は下のレシピで落ち着きました。

材料:(わが家は17cm丸型1つ分)
クリームチーズ 200g
砂糖 70g
卵 2個
薄力粉 大さじ1
生クリーム 200ml
※水切りヨーグルトは、用意するのが面倒なので入れないことにしました。

作り方:
1. オーブンペーパーを型よりひとまわり大きめに切り、
水で濡らしながら思いっ切りグシャグシャにします。
ペーパーを柔らかくして、型にピッチリ沿わせて敷くのが、
丸くキレイに焼き上げるポイントです。

2. 耐熱ボウルにクリームチーズを入れ、電子レンジ(600W)に60秒かけて柔らかくし、
泡立て器でなめらかにします。

3. オーブンを230℃に予熱します。
※先にオーブンを予熱すると、レンジでチンできなくなってしまうので、
わが家の場合は、このタイミングになります。

4. 2に砂糖を加えて混ぜます。

5. 卵を1つずつ加えて(事前に溶かなくてOK)、その都度よく混ぜます。

6. 薄力粉を茶こしでふるいながら加えて、なめらかになるまで混ぜます。

7. 生クリームを加えて混ぜます。
※生クリームのあとに薄力粉を加えるとダマができるので、順序を逆にしました。

8. 型に流す時、6で使った茶こしで濾しながら入れます。
※なめらかな生地にするための重要なポイントです!

9. オーブンの温度を220℃に下げて、35分焼きます。

10. オーブンから取り出して、粗熱を取り、型のまま一晩以上冷蔵庫で冷やします。
※焼きたてすぐはフルフルですが、冷やせばしっかりしたチーズケーキになります。


つまり、ほぼ混ぜるだけ。そして、混ぜ方に注意は不要です。
今度は、子どもたちと一緒に作ろうかな。
(材料費が高いけど…)

↑このページのトップヘ